専用コーディネート部材(巾木/見切り材)

自由な内装の「土台」として、二重床を考える。[万協H工法]PAT申請中

実現場における確実な遮音性能の向上と納まりのために。

確実な遮音性能の向上、仕上げの納まりを両立するコーディネート部材です。
豊富な施工実績により、その効果が確認されております。

[巾木]

クロス面の仕上げ

巾木上部の軟質樹脂とクロスがフィットし、巾木とクロスのすき間処理などの後工程がいらない仕上がりを演出します。

固体振動伝播の防止

巾木下部の中空構造軟質樹脂は、巾木とフローリングのすっきりした仕上がりと、フローリングからの固体振動伝播を防止し上下階の音環境も快適になります。






[床見切り材]

●軟質樹脂とフローリングがしっかりフィットし、
段差の少ないバリアフリーを実現します。
●耐キャスター性能にすぐれ、通常の生活条件下では、
割れ、破損は発生しません。
●見切り材は、勘合式で簡易な施工性が得られます。
●フローリング伸縮対策に最適です。



気になる二重床!そうだ万協フロアー
に聞いてみよう。

空間・素材等の基礎研究から、
万協フロアーのイノベーションが誕生してきました。